このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

全米の教師が選んだ
"優れた英語教材"
3~12歳の
お子様を対象とした
日英バイリンガルスクール

お子様が主体的に学習に取り組み
本物の英語力を身につけることが
できるようになります!
指導実績21年。
5000人以上の生徒を指導。
これまでアメリカのトップ大学に
多くの塾生を送り出してきています。

世界で活躍する

バイリンガルに育ってほしい

  • 英語ネイティブの子が学ぶ学習方法で学びたい
  • 楽しく自主的に学ぶ子になってほしい
  • 学校の成績を上げたい
  • 緊張するタイプなので少人数で見てもらいたい
  • ネイティブ、子どもへの指導のプロ教師から学びたい
  • 駐在期間中に英語を強みにできるようにしておきたい
  • フォニックスとサイトワーズを習得させたい
  • 読解力を身に付けさせたい
  • 英語ネイティブの子が学ぶ学習方法で学びたい
TLC for Kidsはオリジナルの
歌を
使った
楽しいレッスンを通して
リタラシー(読み書き力)を育て

世界で活躍できる
バイリンガルを
育成します。

カリキュラム実績

全米の教師が”質の良い教材”と認めたコンテンツ

本プログラムは、全米で25万人の教師が加盟するアメリカ最大の教育リソースサイト「Open Ed」による「最も効果が ある教材部門」で第2位にランクインした英語教材です。*1位はセサミストリートなどので有名なPBSkids(日本でいうEテレ)でした。

指導歴21年 延べ5000人以上の指導実績

プログラム考案者である船津徹先生は、21年間でハワイ、 ロサンゼルス、上海で5000人以上の子供の教育に携わってきたプロフェッショナル。 綿密にプログラムされたカリキュラムは、子どもが楽しく、かつ 結果を出し達成感を味わえるようなプログラムになっています。
著書:世界標準の子育て 世界で活躍する子の英語力の育て方 など

塾生はアメリカのトップ大学に進学しグローバルに活躍

同校の卒業生はハーバード大学、イエール大学、ブラウン大学、ペンシルベニア大学など、世界最難関のアイビーリーグを始め、世界各国のトップ大学へ進学し、グローバルに活躍しています。

生徒様の声

現地校のReading Groupでは一番上のクラスに!

現地校の学校のクラスではVIP student、Student of the monthに選ばれました!Reading groupも一番上のグループに入ることができました。
先日コロラドで開催されたホッケーリーグ戦では優勝も果たし
TLCの提唱されている文武両道を頑張っています。
現地校4年生の生徒様

学年1名しか受けられない「Student of the Week」に!

担任の先生にノミネートのお礼を言ったところ
He is always listening so nicely! と言われました。
校訓が『Keep it REAL! 』で
頭文字のRespect, Empathy, Awareness, Learning が
できている star student を毎週ノミネートしているようです。
1歳半からTLCに通わせていただいてるおかげで長時間のデスクワークと聴く姿勢が身についているのだと思います。
現地校KGクラスの生徒様

人気の幼稚園受験に合格しました!

受験では最後までニコニコ前を向いて頑張れたようです。
好きな色は?との問いには「もも色」と答えたそうで、なぜピンクとは言わなかったの?と聞くと、
さち先生から日本語では「もも色」と言うことを教わり日本語の学校だからその方が良いと思ったそうです!
これを聞き、先生から教わったことがしっかりと身についていることを実感いたしました。
この一年TLCのレッスンで積み重ねた成果によるものが大きいと感じており忍耐強く見守り丁寧にご指導くださった先生方には本当に感謝しております。

*日本語クラス、英語クラス両方受講中の生徒様

日本人学校Kクラスの生徒様

学年1名しか受けられない「Student of the Week」に!

担任の先生にノミネートのお礼を言ったところ
He is always listening so nicely! と言われました。
校訓が『Keep it REAL! 』で
頭文字のRespect, Empathy, Awareness, Learning が
できている star student を毎週ノミネートしているようです。
1歳半からTLCに通わせていただいてるおかげで長時間のデスクワークと聴く姿勢が身についているのだと思います。
現地校KGクラスの生徒様

TLC for kids とは

TLC for Kidsは、今の子どもたちが大人になる20年後の社会で活躍できる人材を育てる学校です。
過去20年を振り返ってみて下さい。社会は大きく変わりました。インターネット技術の発達は世界中の常識を一変させ、人々の暮らし、働き方、学び方を大きく変えました。さらにロボット技術や人口知能(AI)によって、これから先20年、社会の変化は加速化します。
グーグルの創業者ラリーペイジはAI技術によって10人中9人が今とは違う仕事に従事すると言います。
マイクロソフトの創業者ビルゲイツは
「創造性の低い仕事は機械に代行される」と言います。
教育の目的は、子どもが社会に出る時に、自分らしく生きていくために必要な知識や技能を育てることです。
では、子どもが社会に出る20年後に必要となるスキルとは何か?
その答えがTLCです。
Tは考える力
(Thinking Skills)
自分は誰で、何が強みでどんな人生を歩みたいのか。自分の人生を自分で切り開いていくには、考える力が必要です。
アップルのスティーブジョブズもアリババのジャックマーも誰も想像しなかった未来を考え続けてそれを実現させたのです。
考える力が育っていなければなんとなく大学進学し、なんとなく就職しなんとなく人生を歩む人になってしまいます。
TLCは考える力を育て自分らしく自己実現できる子どもを育てます。
Lは英語力
(Language Skills)
英語はグローバル社会の標準語になりました。英語を使いこなせなければ、ビジネス、教育、研究開発、全ての変化に乗り遅れてしまいます。多様な言語背景を持つ生徒が集まるアメリカの教育現場に立つ先生によって高い効果が証明されたTLCの英語カリキュラムは、短期間でアカデミックレベルの英語力を育てます。英語の読み書きができることはもちろん、英語で考え、英語で自己表現できる力を養います。
Cは親和力
(Communication Skills)
国際化が進む社会では世界中の人と円滑に
コミュニケーションを取る力、協働する力が強く求められるようになります。
これからは日本でも多様なバックグラウンドを持つ人たちと信頼関係を構築できるコミュニケーション力を有していなければ第一線で活躍することはできません。
TLC for Kidsは、歌や演劇などパーフォーミングアーツの技術を取り入れることで世界標準のコミュニケーション力を育てます。
Cは親和力
(Communication Skills)
国際化が進む社会では世界中の人と円滑に
コミュニケーションを取る力、協働する力が強く求められるようになります。
これからは日本でも多様なバックグラウンドを持つ人たちと信頼関係を構築できるコミュニケーション力を有していなければ第一線で活躍することはできません。
TLC for Kidsは、歌や演劇などパーフォーミングアーツの技術を取り入れることで世界標準のコミュニケーション力を育てます。

TLC for kids の理論

TLC for Kidsのカリキュラムは
以下の三つの柱を通して
学習意欲を引き出し
コミュニケーションの楽しさを
実感させ
より主体性を持って
学習に取り組める
子どもを育てます。
音楽
記憶力と言語力を高め、自己表現することの楽しさを教えます。
視覚
理解力を高め、想像力を刺激し、
柔軟に考える力を引き出します。
演劇
表現力と共感力を高め、効果的にコミュニケーションする技術を与えます。
演劇
表現力と共感力を高め、効果的にコミュニケーションする技術を与えます。

3ステップでお子様の学習プランをご提案

STEP 1
現状のヒアリング

年齢、学年などの単純な区分だけではなく、お子様の生い立ちや家族構成、英語学習歴、通われいている学校などのバックグラウンドをお伺いさせていただき現状を把握。最適クラスをご紹介いたします。お子様には体験クラスに参加していただきます。体験レッスン時は教室後ろの方で保護者の参観も可能です。

STEP 2
最適のクラスご提案
英語の教師によるお子様の習熟度の確認を行ったあと(授業中に自然な流れでさりげなく行っています)教室マネージャーより、今後の方向性をご提案します。クラスのご提案と曜日や時間についての調整を行っていただきます。書類にサインナップしていただき、専用のファイルのお渡しや宿題の取り組み方などについてご説明します。
STEP 3
定期的な教育相談
お子様の学習の様子や習熟度について、全スタッフ一同で共有しています。宿題の内容や量について等、必要に応じて個別に教育相談も行います。月に一度、船津徹先生の教育コラムや、家庭で聞き流し可能なストリーミング教材や動画教材も塾生限定配信しています。ご家庭と塾での効果的な学習環境を提供します。
STEP 3
定期的な教育相談
お子様の学習の様子や習熟度について、全スタッフ一同で共有しています。宿題の内容や量について等、必要に応じて個別に教育相談も行います。月に一度、船津徹先生の教育コラムや、家庭で聞き流し可能なストリーミング教材や動画教材も塾生限定配信しています。ご家庭と塾での効果的な学習環境を提供します。

クラスと授業料

推奨クラスについては体験レッスン後、英語教師と教室マネージャーで提案いたします。
入塾金 100ドル(初回のみ)

英語クラス

ビギナークラス
140ドル(4回/月)1回45分
  • 英語学習を初めてスタートするお子様
  • 年齢が3歳〜10歳のお子様
  • アルファベットの音(abcd=アブクド)をまだ知らない
  • アルファベットの大文字・小文字のマッチがまだできない
インターミディエイトクラス
140ドル(4回/月)1回45分
  • アルファベットの音(abcd=アブクド)が認知できる
  • 知っている単語は読めるが未知の単語は読めない
  • 年齢は3歳以上で問いません
アドバンスコース
140ドル(4回/月)1回45分
  • お子様の年齢に関わらず、3〜5文字単語が初見で読めること
  • Dolchサイトワーズ220語を一通り学んでいること
  • 生活単語を最低500は理解できること
  • 5歳以上(4歳後半でも可)のお子様
  • 3文字〜5文字単語が初見で読めるお子様
SRAクラス
140ドル(4回/月)1回45分
  • Advanceクラスレベルを修了している生徒Reading Writing Speaking技能を強化したいお子様
プライベートクラス 
816ドル(12回パッケージ)1回60分
(例)月4回×3ヶ月コース標準
お子様の習熟度とニーズに合わせてオーダーメイドの授業を提案いたします。
インターミディエイトクラス
140ドル(4回/月)1回45分
  • アルファベットの音(abcd=アブクド)が認知できる
  • 知っている単語は読めるが未知の単語は読めない
  • 年齢は3歳以上で問いません

日本語クラス

初級クラス
140ドル(4回/月)1回45分
  • 1.5歳~10歳
  • 初めて日本語を学ぶお子様
  • ひらがなを知らないお子様
  • まだひらがなを読めないお子様
歌とフラッシュカードでひらがな/カタカナ五十音の文字読み、3文字・4文字・5文字ことばの読みを練習します。五十音の他に濁音、半濁音、拗音、促音などの読み方も指導します。
中級クラス
140ドル(4回/月)1回45分
  • ひらがなを認識できる知っている言葉は読めるが、知らない言葉は読めない3歳以上の方

教科学習の準備として「学習言語」を指導します。形、色、数字、空間認識、曜日、月、時計、季節など、子どもにとって覚えづらい概念言葉、そして動物、魚、食べ物などの名詞、形容詞、動作語などをイラストと一緒に教えます。

文字プリント、迷路、パズルで筆圧の訓練をします。文字プリントはレベルに応じてだんだん高度になります。早いお子さんですと4歳から漢字に取り組むことができます。
上級コース
140ドル(4回/月)1回45分
  • 中級レベル以上のお子様

    漢字の読み書きと本読みを指導します。日本語の本がスラスラとストレスなく読めるようにすることが小学校での勉強にスムーズに対応させるための秘訣です。レベルに合ったテキストを大量に読むことで、日本語の活字に対する抵抗感を取り除き、自分から本に向き合える子どもに育てることが目標です。
プライベートクラス 
816ドル(12回パッケージ)1回60分
(例)月4回×3ヶ月コース標準
お子様の習熟度とニーズに合わせてオーダーメイドの授業を提案いたします。
中級クラス
140ドル(4回/月)1回45分
  • ひらがなを認識できる知っている言葉は読めるが、知らない言葉は読めない3歳以上の方

教科学習の準備として「学習言語」を指導します。形、色、数字、空間認識、曜日、月、時計、季節など、子どもにとって覚えづらい概念言葉、そして動物、魚、食べ物などの名詞、形容詞、動作語などをイラストと一緒に教えます。

文字プリント、迷路、パズルで筆圧の訓練をします。文字プリントはレベルに応じてだんだん高度になります。早いお子さんですと4歳から漢字に取り組むことができます。

授業料に含まれるもの

    • 毎月のカリキュラムソング視聴料
    • 毎月の宿題プリント
    • リーディングシート
    • 毎月のニュースレター購読料
    • バイリンガルスタッフへの相談料(原則無制限)
    • 毎月の宿題プリント

よくあるご質問

  • Q
    何歳から通えますか?
    A

    母語が日本語のお子様は英語クラスは3歳からをお勧めしています。日本語クラスは1.5歳から受講が可能です。母語が英語のお子様は英語クラスは1.5歳から、日本語クラスは3歳からをお勧めしています。個人差がありますので、一度お問い合わせください。

  • Q
    1回の授業は何分ですか?
    A
    1回の授業は基本的に45分です。(年齢が上のお子様のクラスはこの限りではありません)45分の中に、フラッシュカード、リーディング、ゲームなどテンポよく進め飽きさせない工夫を凝らした授業構成にしています。
  • Q
    宿題はありますか
    A
    はい、ございます。お子様のReading Fluencyを目的としたオリジナルワークシートをご用意しています。螺旋的、段階的な内容になっていますので、できた!という自信も育てながら、着実にスキルを身につけていける内容となっています。
  • Q
    都合が悪い日は振替を取ることができますか?
    A
    はい、可能です。ただし、授業が始まる30分前までに必ずお電話かメールでご一報ください。連絡なしの欠席は、消化レッスンとみなされますのでご注意ください。
  • Q
    急な体調不良などで欠席した日は振替が可能でしょうか?
    A
    はい、可能です。授業が始まる30分前までにお電話かメールでのご連絡をお願いしています。連絡なしの欠席は消化レッスンとみなされますのでご注意ください。詳しくは入塾時に規約のご説明をさせていただきます。
  • Q
    支払いは銀行引き落としですか?クレジットカードですか?
    A
    基本的には銀行口座の自動引き落としで設定させていただきます(米国の銀行口座が必要です)が、クレジットカードでも対応しています。クレジットカードでの決済をご希望の方は手数料としてプラス5ドルを毎月の授業料に上乗せさせていただきますので、ご了承ください。
  • Q
    日本語クラスと英語クラスどちらから始めたら良いでしょう?
    A

    子どもの年齢、言語力、将来の居住予定などにより異なります。一般的にアメリカ永住家庭のお子さんは日本語が先で、駐在家庭など短期滞在のお子さんは、英語を優先します。体験レッスンにご参加いただければ、カウンセラーがお子様のニーズに合ったクラスをアドバイスいたします。

    バイリンガル育児では、言葉を育てる順序を間違えると、様々な問題が起こります。お子様を優秀なバイリンガルに育てるには、言語育成プランを明確に持つことが極めて大切です。バイリンガル子育てのお悩み、ご相談はTLC for Kidsまでご連絡ください。

  • Q
    3歳後半の子どもがクラスでじっとしているか心配です
    A

    対面レッスンの場合、子どもたちは幼児用の椅子に座ってレッスンを受けます、レッスン中は20〜30分間じっとしていられることが理想です。ただ3〜4歳の子どもがレッスンを通して静かに座っていられることは稀ですからご安心ください。レッスンは子どもが飽きないように工夫していますが、じっとしていられない子も少なくありません。父兄は周りに迷惑がかかるのではと心配されますが、大抵の場合、2〜3ヶ月も経てば、落ち着いて座れるようになります。周りの子どもたちを見て、子どもなりに学んでいるのです。クラスで座れるようにするには、家庭でも学習習慣作りをすることが大切です。特に「絵本の読み聞かせ」は子どもの「聞く力」と「言葉」を育てる有効な取り組みです。毎日、必ず絵本の読み聞かせを行いましょう。5分、10分とお母さんのお話を集中して聞けるようになると、教室でも落ち着いて座っていられるようになります。

     

  • Q
    宿題が大変と聞きましたが...
    A

    宿題プリントの最大の目的は「学習習慣をつけること」です。プリントの出来不出来は二の次です。このポイントを理解してもらえると、学習能力の高い、優秀な子どもに育ちます。毎日、決められた課題をコツコツこなしていると、いつのまにか学習習慣がつき、子どもに自学・自習の能力が身につきます。学業で成功する子どもは、例外なく自学・自習の力が育っている子どもです。

    プリントのミスを親がとやかく言うと、子どもは学習意欲を失いますので注意しましょう。プリントの取り組み時間は、長くても1日20分までと決めてください。上手に取り組ませるポイントは、子どもにやらせっぱなしにせず、親が一緒についてあげること。子どもが上手にできない時、分からない時は、ヒントで促すなどのサポートを与えてください。

    いけないのがダラダラと長時間、子どもにプリントをやらせる事です。TLC for Kidsのプリントは繰り返し学習するように構成されていますので、その時できなくても大丈夫です。

    大切なのはプリントをしたら「よくできたね」とほめてあげること。子どもの「学習意欲」は親にほめられることで育ちます。できたらギュッと抱きしめて「すごいね、がんばったね」のご褒美を与えてください。

  • Q
    親もクラスに入るのですか?
    A

    TLC for Kidsの「対面クラス」は年齢によって分かれています。原則として3歳後半〜4歳前半のクラスは親が一緒にクラスに入ります。4歳後半からは、親は入らず、子どもだけで授業を行います。グループクラスは毎月1回(月の最終週)にオープンハウスがあります。これは親がクラスに入って子どもの習熟状況を見学できるシステムです。

  • Q
    日本語はどのレベルまで学習するのですか?
    A

    TLC for Kidsの日本語クラスは、小学校2〜3年生レベルの読み書きを目標にしています。海外で子どもの日本語を維持するには「読み書き」を身につけることが必要です。日本語が「話せる」から日本語は大丈夫だろうと、読み書きを教えないでいると、思いがけず、日本語が弱くなる可能性があります。日本語の読み書きが身につけば、マンガや本読みを通して、自分の力で日本語を維持・向上させることができるようになります。

  • Q
    英語はどの程度のレベルまで到達できますか?
    A

    TLC for Kids英語クラスは、現地の小学校2〜3年で必要とされるレベルのリーディング力の習得を目標としています。両親が日本人の場合、子どもの英語力はネイティブに比べて弱く育ちます。英語力の遅れを取り戻す特効薬が「英語の読み書き」です。現地の小学校に上がった時、英語の読み書きができていれば、勉強でクラスメートから大きく遅れることはありません。TLC for Kidsでは、独自に開発したフォニックスプログラムで、1.5歳のお子さんから読み書きを教えています。初歩の読み書きをいかに早く定着させるかが、子どもの学校でのパフォーマンスを大きく左右します。英語クラスは、現地の小学校2〜3年で必要とされるレベルのリーディング力の習得を目標としています。両親が日本人の場合、子どもの英語力はネイティブに比べて弱く育ちます。

  • Q
    アメリカに永住する予定です。子どもに日本語の習得は必要ですか?
    A

    アメリカに永住家庭でも、母親の母語(母親が一番自然に使える言葉)が日本語ならば、子どもには日本語で接するのが原則です。母親の言葉を子どもに継承するプロセスは、子どもの言葉の発達だけでなく、文化アイデンティティや人間形成にも大きく関わっています。母語が未発達のまま学齢期を迎えると、学習英語力の習得で苦労をする子どもが多いので注意してください。

  • Q
    クラスには何歳まで通えるのですか?
    A
    TLCのレッスンは幼児向け〜7歳くらいまでを目安に作られています。7歳を越える子どもにはReading Fluencyを強化するプログラムがあります。入室する時期や子どもの学力によってTLCを卒業するまでの年齢は前後します。始める時期が早いほど、目標レベルに達する時期も早まります。
  • Q
    日本語はどのレベルまで必要でしょうか?
    A

    アメリカ永住家庭であれば、日本の小学校2〜3年レベルの読み書きの習得を目標としてください。子どもが現地の小学校に通い始めると、英語の宿題や課題をこなすことで精一杯になります。またスポーツや習い事などが始まると、なかなか日本語学習に時間を作ることが難しくなります。できるだけ年齢が小さいうちに日本語の土台作りをしましょう。読み書きができるようになれば、子どもは読書を通して自分の力で日本語力を伸ばしていくことができます。


  • Q
    両親とも日本人です。子どもにどうやって英語を教えればよいでしょうか?
    A

    両親とも日本人の場合は、英語の音声教材を活用しましょう。音声教材やオンライン教材など、子ども向けのメディアを活用してください。子どもが小さいうちはテレビを長時間見せるのはよくありませんので、音楽CDのかけ流しを中心に環境作りをしてください。子どもは環境にある情報を獲得できる優れた能力を持っていますので、活用しましょう。

    家庭内の会話を英語にしたり、子どもに英語で話しかけるなど、不自然な英語環境を作る必要はありません。親が英語ネイティブであれば構いませんが、そうでない場合は、日本語で話しかけるようにしましょう。


  • Q
    私立幼稚園受験をします。子どもの英語力が心配です
    A

    バイリンガルの子どもは母親の言葉である「日本語」を最初に身につけるのが普通です。当然、年齢が小さいうちは、英語力がネイティブに比べて弱く育ちます。私立幼稚園受験では、完璧な英語力が求められますから、バイリンガルの子どもにとっては難関です。かといって受験のために子どもを英語漬けにしてしまうと、将来日本語が弱くなったり、情緒不安になったり、アイデンティティ形成で葛藤を抱えるなどの問題が生じます。子どもが4〜5歳くらいまでは母語の力を育てることを優先してください。

    子どもの英語力を育てるには1)保育園に入れる 2)英語の音楽を聞かせる 3)TLCに通う!などの方法があります。母子の会話はあくまでも日本語、家の外でたくさん生の英語に触れさせてあげれば、日本語と英語を高度に発達させることが可能です。

  • Q
    子どもはアメリカ生まれで英語ペラペラですが必要ですか?
    A

    言葉の力には「生活言語力」と「学習言語力」があります。生活言語力は、プリスクールや幼稚園に通えば、どの子も自然と身につけることができます。一方、「学習言語力」は教わらなければ身につくことはありません。

    小学3〜4年までにアメリカに来た子であれば、「会話力」は2〜3年で習得できます。しかし、「学習言語力」を獲得するには、5年〜10年という期間が必要です。英語が流暢に話せることと、学力が高いことは別問題ですので混同しないように注意しましょう。TLC for Kidsでは学習言語力を中心に指導します。子どもに高い学力を与えたければ、会話力よりも、読書力、読解力、作文力、思考力をいかに身につけさせるかが重要となります。

  • Q
    1回の授業は何分ですか?
    A
    1回の授業は基本的に45分です。(年齢が上のお子様のクラスはこの限りではありません)45分の中に、フラッシュカード、リーディング、ゲームなどテンポよく進め飽きさせない工夫を凝らした授業構成にしています。

教室開講時間 アクセス

TLC for kids Los Angeles校

所在地
25514 Narbonne Ave Lomita CA 90717
授業時間
月 ~ 金曜 15:00~15:45 16:00~16:45 17:00~17:45 18:00~18:45
休日
日曜定休
地図
地図

英語教師のプロフィール

Maddie Fordham(Ms.マディ)
マディ先生は、英語を母語としない第二言語の児童生徒に英語をレクチャーするプロです。イギリス人教師で、英語学習者を教えた経験が10年以上あります。
2005年にエクセター大学を卒業後、イギリスの現代音楽学校Academy of Music and Soundで16歳から21歳までを対象としたコースコーディネーターを務められました。
2009年から4年間、九州と東京の複数の都市にある学校でEFL(英語を母語としない生徒の英語クラス)を教えられました。2歳から大学入学前の高校生の指導経験があります。
アジア、ヨーロッパ、北米の12カ国を旅した後、2013年にアメリカに移住。2014年からカリフォルニア州ロミタにある西大和学園でELDと英検の教師として働いていらっしゃいます。幼児クラスのオリジナル英語カリキュラムを執筆し、小中学生には教科書を使った幅広いELDプログラムを教えています。また、英検5級から準1級までの指導経験も豊富で、7年以上にわたり英検の家庭教師を務めています。
情熱的でクリエイティブな講師であり、キャンバスペインティング、カラオケ、カリフォルニアの国立公園のハイキングなども楽しんでいます。

TLC for Kids ロサンゼルス 教室長 兼 日本語講師 

西脇さち(Sachi Nishiwaki)
大学での専攻は音楽、卒業後は演奏活動(パイプオルガン)の傍ら、大学図書館司書として嘱託勤務。
国際結婚により海外駐在と帰国を数年毎に繰り返し二十数年、既に成人した娘と息子にはマルチカルチュラル子育てを実施。海外での現地校サバイバル、日本での語学力向上・維持など、たくさんの試練を経て授かり得たノウハウを、教室にいらっしゃる生徒さんや親御さんのサポートに活かしています。趣味は、芸術鑑賞とパズル(特に知恵の輪)です。

LA校CEO(経営責任者)


竹井カヨコ(Kayoko Takei)

広島大学の学校教育学部、小学校教員養成課程を経て卒業。大学在学中に幼稚園教諭一種免許、小学校教諭一種免許、中高数学教諭一種免許、図書館司書免許を取得。 卒業後、広島市の教育委員会、生涯学習教育施設と公立の小学校教員を合わせて4年勤務。2007年、教職を退職。独立、起業のため上京。 2009年にフリーランスでプリザーブドフラワーサロンオーナーへ。2011年に一般社団法人プリザーブドフラワーアレンジメント協会を設立。2016年改称。 代表理事として講師プロデュースをメインに花のあるライフスタイルを提案。 
2013年に女児、2015年に男児を出産、二児の母。 
2017年11月から10ヶ月間、期間限定ハワイへ教育移住を経験。 船津徹先生、船津育子先生に師事し我が子もTLC for kids ハワイ本校に通学させ、子供のバイリンガル育成のための基礎固めを行う。
2018年帰国後、3年間国内でバイリンガル子育てを経験ののち、2021年にLAへ拠点を移す。現在LAにて日英バイリンガル子育て実践中。

入会特典

入塾が決まった方には以下の2つをプレゼントしています。ご家庭での英語(日本語)環境づくりにお役立てください。また、ご紹介をしてくださった方にもささやかながらプレゼントがありますのでお声かけください。

世界で活躍する"心優しくて賢い"
バイリンガルに
お子さんを育ててみませんか

スタッフ一同、お子様と一緒に学べることを楽しみにしています!

TLC for kids LA校のSNS

Instagram
バイリンガルに育てるヒント
Q&Aを配信中

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

Facebook
LA校の教室情報や
最新情報を更新しています

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

Facebook
LA校の教室情報や
最新情報を更新しています

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。